危機管理広報のポイント

リスク発生時の記者会見は、なぜ緊急記者会見と呼ばれるか?

書籍「マスコミ対応はもう怖くない! メディアトレーニングのすべて」

書籍「マスコミ対応はもう怖くない! メディアトレーニングのすべて」
著者
メディアトレーニング講師
株式会社アクセスイースト代表
山 口 明 雄
この書籍は、メディアトレーニングを総合的に解説する日本語ゆいいつの書籍で [...]

(1) メディアトレーニングと話し方教室の違いは何でしょう?

メディアトレーニングが想定する話し相手は記者ではない
メディアインタビューで物理的に顔をつきあわせて話をする相手は記者です。私は、メディアインタビューにおいては、「記者は話し相手ではない」、「話し相手は読者・視聴者である [...]

(2) メディアトレーニングの神髄、ニューススタイル

どうすれば、あなたのコメントを思い通りに使ってもらえるか?
第三者の記者にコメントや主張を要約して記事にしてもらうためには「ニューススタイル」で話さなければなりません。ニューススタイルは、長いジャーナリズムの歴史の中で、 [...]

(3) サウンドバイトとクォータブルコメント

サウンドバイトとは何か? 
インタビューの応答も、正確で分かりやすいだけではなく、時には、面白く、味があったほうが良いですね。応答の本質が凝縮されていて、しかも味のある短いコメント、これがサウンドバイトです。
サウンドバ [...]

(4) キーメッセージ

キーメッセージとは何か
記者会見やメディアインタビューのキーメッセージは、それぞれのメディア対応において、あなたの主張したいポイントを文章にしたものです。
マスコミとのやりとりを「メディア対応」といいます。これは応答の話 [...]

(5) キーメッセージの展開法

キーメッセージの展開
キーメッセージが用意できたら、それをメディア対応の中でどのように使うかを考えなければいけません。
記者会見の場合は、オープニングスピーチ全体がキーメッセージであるべき。特に、スピーチの最初の部分、5 [...]

(6) ニューススタイルで話す詳細コメント

ニューススタイルで話すコメント
メディアインタビューの効果的な答え方は、新聞記事では最初の数行にあたるリード部分を簡潔に話すことです。では、新聞記事の本文にあたる詳細情報は、どのように話せば良いのでしょう?
簡単です。最 [...]

(7) リード部分のポイントを印象深くするためのテクニック

コメントや応答に真実性、説得性を持たせ、面白く分かりやすくするためには、詳細を付け足すとポイントがより印象深くなります。
事実
【リード】《私どもにとって会社発展の源泉は研究開発です》
【詳細】《前年度売り上げの20パー [...]

(8) 「話をしないため」の訓練

メディアインタビューや記者会見などの場で、話してはいけないこと、話さない方が良いこと、問題がない話し方を学ぶことが「話さないための訓練」が重要です。

余計な話
記者との会合が始まったらすぐに、本題に入り、余計な話で貴重 [...]