アクセスイーストは、外資系顧客サービスとメディアトレーニングに経験豊富な広報代理店です。

#
  • #
  • アクセスイーストの専門性
  • メディアトレーニング
  • 広報サービス
  • その他のサービス
  • 会社情報
  • 商品の販売
  • #

メディアトレーニングと外資系および国内企業への経験豊かな広報サービス
最新情報

 
  • ・ブログ「一流への道」に『誤解されない話し方、炎上しない答え方』の詳しい紹介が掲載されています
    ・ライフハックブログKo's Styleに『誤解されない話し方、炎上しない答え方』の詳しい紹介が掲載されています
新刊JPニースが配信した『誤解されない話し方、炎上しない答え方』の紹介記事「誤解されないための話し方3つ」が多くのニュースサイトに掲載されました。一例をあげるとIT Media eBook USERのサイトです。
アクセスイースト社長山口明雄の著書「メディアトレーニングのプロが教える 誤解されない話し方、炎上しない答え方」が株式会社ディスカバー・トゥエンティワンから発行されました。著者が17年にわたり3,500あまりの方々に提供したメディアトレーニングやビジネス会話セミナーのエッセンスが凝縮されけた本です。ぜひご一読ください。
2013.03.14
アクセスイースト社長 山口明雄のBlogがアップデートされました。
危機管理広報のポイント

→続きを読みたい方はここをクリック
 
アクセスイースト社長 山口明雄のBlogがアップデートされました。
メディアトレーニングの神髄、ニューススタイル

(ブログより抜粋)
どうすれば、あなたのコメントを思い通りに使ってもらえるか? 第三者の記者にコメントや主張を要約して記事にしてもらうためには「ニューススタイル」で話さなければなりません。ニューススタイルは、長いジャーナリズムの歴史の中で、誰にでも分かりやすく読みやすい記事の書き方として定着した以下の三点を基礎としたスタイルです。
→続きを読みたい方はここをクリック

アクセスイースト社長 山口明雄のBlogがアップデートされました。
「メディアトレーニングと話し方教室の違いは何でしょう?」

(ブログより抜粋)
メディアインタビューで物理的に顔をつきあわせて話をする相手は記者です。私は、メディアインタビューにおいては、「記者は話し相手ではない」、「話し相手は読者・視聴者である」ことを論理的に説明することから始めます。なぜ読者・視聴者が話し相手かというと、彼らは記事や放送のインタビュー内容に反応を返してくるからです。読者・視聴者は、単なるメッセージの対象ではありません。記事やテレビニュースの中のメッセージを受けて反応し、その反応をさまざまな形で話し手に戻してくるのです。記者会見やメディアインタビューでやってはいけないことのひとつが、余計な背景説明です。
→続きを読みたい方はここをクリック

アクセスイースト社長 山口明雄のBlogがアップデートされました。
「CNNの看板番組「ラリー・キング・ライブ」での豊田章男社長のインタビューを採点」

(ブログより抜粋)
トヨタ自動車の豊田章男社長は2010年2月24日、CNNの「ラリー・キング・ライブ」に出演した。私が見た放送には「録画」と表示されていたので、生出演ではない感じだった。どの程度の編集があったのか、無いのか分からないけれど、個々の一問一答は編集なしで放送されているように見えた。このインタビューをメディアトレーニングの講師の立場から採点したいと思う。
→続きを読みたい方はここをクリック